通販は利便性が高いけれどリスクも高い

医薬品には3つの分類があります。一つは「医療用医薬品」、そして対面販売のみの「要指導医薬品」、通販が可能な「一般用医薬品」です。

「医療用医薬品」は医師の処方箋がなければ販売できません。「要指導医薬品」は劇薬、一般用医薬品に認可されて間がなく使用にあたり特に注意をしなければならないものです。

ネットや電話で取り寄せ購入できる一般用医薬品は更に3つに区分されています。「第3類医薬品」はビタミン剤、整腸剤などで薬剤師または登録販売者がいれば専門家による情報提供は必要ありません。

2014年の改正法で対面販売のみだった「第2類医薬品」と「第1類医薬品」が一般用医薬品として通販可能な品目に入りました。

「第2類医薬品」とは日頃から使う風邪薬や痛み止め、胃腸薬などです。薬剤師または登録販売者などからの情報提供は努力義務となっています。

そして「第1類医薬品」は禁煙補助薬、H2ブロッカーなどを含む胃腸薬、発毛剤・育毛剤などで、必ず薬剤師がいて専門家による情報提供が義務付けられています。

この分類の医薬品はネット、電話での通販の際にも必ず薬剤師が問診と指導をした上で購入者が情報を適切に理解した事を連絡してからでないと商品を発送しません。

どの分類に入るかは明記されていますので必要に応じて薬剤師の方と話し合いながら薬を選ぶようにしましょう。常用している薬がある人はもしもの事がないように第3類医薬品であっても相談するようにして下さい。