会社を辞めようかと思います。

副業アフィリエイターが、専業になる!という話題は明るい話題の一つですが、今回のブログはそんな明るい話ではありません。

 

先日、不毛な仕事の連続で残業をしている時に、思い立ってしまいました。

もう辞めようか、、、。

 

今まで何度も「辞めたんねん」「いつかは辞めよう」と思っていましたが、今回のそれは今までとは違います。

「もう、今辞めよう」という決心をしました。

 

僕には嫁もいるし子供もいます。

嫌だから辞めるって、そんな軽く決められるものでもありません。

家族を養っていかなければならない。それでずっと安全策を取るために先延ばしにしてきました。

 

僕はブログでサイトアフィリの報酬も公開しています。

ですからご存知の方がほとんどだと思いますが、現在確定額が10万にも満たない額です。

これでは家族を養うことは到底できません。

だけど、もう我慢の限界で、辞めようと思い立ってしまったのです。

 

理想の専業への道

当初描いていた理想では、月に50万以上が3ヶ月続けられるようになれば仕事を辞めよう。そう考えていました。

いや、そう言いつつ実はそれでも不安で、できることなら100万200万コンスタントに稼げるようになってから仕事を辞めるというのが理想でした。

それぐらい石橋を叩いて渡りたかったのが本音です。

僕一人が露頭に迷うのは良いけど、家族までも巻き込むとなると無茶な選択はできないなと、そんな風に思っていました。

そんな僕がなぜ10万も満たないのに、辞めることを決意したか。

それには理由があります。

 

会社のブラック化

僕が務めている会社は数年前に社長の世代交代があり、それから急速にブラック化が進みました。

まぁまぁのブラック企業です。

給料未払いとかはありませんし、福利厚生面は悪くないので、まぁまぁという表現をさせてもらいます。

ただ、良く働き、あまり休みがない。といった程度でしょうか。

でもそれがキツいんです。

 

今、僕の子供は1歳半です。

帰宅した時間にはいつも寝ていて、休みも少ないのでほとんど遊んであげることもできません。

子育ての先輩からは一番かわいい時期やねって声をよくかけてもらいます。

その時期にずっと家にいません。

いいえ、このまま働き続ければ、今だけではなく、今後もずっと家にいないでしょう。

お父さんとしての当たり前のこともしてあげられないのかと、肩を落としてしまいます。

 

何のために働いているのだろう?と疑問に思うこともあります。

給料が振り込まれても、休みもなく遊びにも行けず、ただ毎日家と会社の往復をしているだけ。

 

社員はみんなボロ雑巾のように疲れ切っていて、精神を削って頑張ったとしても、それが報われることはありません。

やるのが当たり前の世界です。

先輩も上司も、憧れる人は誰もいません。

将来あのポジションに就くのかな!あの人みたいになるのかな!

想像すれば、ため息が出ます。

ワクワク感や、やる気には全く繋がりません。

出世なんかしたくない。

それが今の会社の現状です。

毎週会議の朝になると吐いている先輩を見て、羨ましいとは到底思えません。

 

そんなブラック企業ならさっさと辞めればいい!と思うかもしれませんが、口で言うほど簡単なことではありません。

実際に働いている人たちには、辞められない何かが個々にあります。

 

辞めるという決断は決して英断とは言えないでしょう。

次の職が見つからず路頭に迷うこともありえます。

通常ならば今の職場で働きながら次の収入源を確保するというのが上策でしょう。

 

ですが、それを待たずして我慢の限界が来てしまいました。

何年も我慢してきてこれたのに、今回ばかりは無理そうです。

 

なぜ限界が来たか?

今までも、もう辞める!って時期は何度も迎えてきました。

 

何度も何度も、我慢できないことを経験して、この会社にはいたくない!と思っていました。

それでも我慢して続けていました。

 

じゃあなぜ、今回我慢の限界が来たか。

日に日に不毛な仕事が増えている。

納得いかないことが増えている。

将来に希望が持てない。

不満は膨らみ続けています。

でも、今までならそれでも我慢して続けていたと思います。

辞めようという決断はできなかったです。なぜなら、他に収入源が無いですから。

 

そうなんです。

 

他に収入源がないから考えられなかったですが、仕事以外に収入源があるということが気持ちを大きく変えました。

収入源と言っても報酬はご覧の通りです。

とても生活できません。

だけど、確かな手応えを感じつつあります。

これが我慢の限界を早めました。

結果的に、現時点では生活できないけど、生活できるレベルまで報酬を上げれるかもしれない、という風に思い始めたのです。

 

残業や休日返上で仕事をしているとき、アフィリ作業ができないということが、かなりのストレスとなって襲いかかってくるのです。

働いている時間が勿体ない。

働いている時に今までと違ったストレスも感じるようになったのです。

 

確かな手応えを感じるにはあまりにも早計な額かもしれませんが、 このまま会社に時間を縛られたままよりは、報酬をふくらませる速度も上げられるのではないかと思いました。

もちろんこのまま順調に報酬が増え続けるという打算をしているわけではありません。

ですが、副業として限られた時間でしか作業できない時間的ロスの方が、損失が大きく感じるようになったのです。

 

それに、担当が付くようになって、人とメールでやりとりするようになったことも気持ちを大きく変える要因の一つとなりました。

 

人とのやりとりの場合、僕は唯一作業できるのは睡眠を削った夜中なので、その時間での対応になります。

すると返信があるのは翌日の日中で、それに返信するのがその日の夜中。

そんなことをくり返していると、1日で済むような話が一週間ぐらいかかってるような気になるのです。

 

仮に特単交渉だとすると、一週間、特単の適応が遅れるということです。

これはかなりの機会損失。

 

まさに現在がこの状況で、もったいないなぁ~と思いながら働いているところに、不毛な仕事の嵐です。

もう辞めたんねん!今年いっぱいで辞める!

めっちゃ思いました。

今まで何度か思ったことはありましたけど、具体的に上司に言おうと決断までしたのは初めてのことです。

 

嫁に話す

辞めたんねん!って思ったところで、そう簡単にことが運ぶわけではありません。

家族を養わなければなりませんので、嫌だからといって投げ出せるもんでもありません。

まずは嫁に全てを話そうと思いました。

午前2時に帰宅するといつもは寝ているのですが、ちょうどその時に子供が鳴いて起きてきました。

会社についてはわかってくれているのでそこまで話しませんでしたが、今のアフィリエイトの報酬について、初めて具体的な額もぶっちゃけて話しました。

今年いっぱいで辞めようと思うけど、どう思う?と聞いたら、僕に「任せる」と言ってくれました。

もしアフィリだけで生計の目処が立たなければ、私も働きに行くしと言ってくれましたし、僕もバイトなりなんなりで凌ごうかと思います。

 

こんな中途半端な状況ですが、家族を路頭に迷わすことはできません。

何が何でも稼がなければなりません。

守らなければなりません。

会社を辞めるという決断は、僕の人生が墜落していくフラグになるかもしれませんが、より彩りのある人生を送るための最初の一歩になるかもしれません。

 

後は上司へ言うだけです。

ここまで決めたのは始めてのこと。

 

一晩寝たら、「無理して今辞めることはない。」と、いつもその繰り返しでやってきました。

今回ももしかしたら思いとどまるかもしれません。

 

この熱い思いが消えぬ前に、ブログ更新という形でとどめておきたくて、今回は筆をとりました。

正直な話、絶対に今年いっぱいで辞める!というほど意志は固まっていないかもしれません。

熱くなった一時の感情で思っているだけかもしれません。

決心した!と言いながら、まだ不安で踏み出せないかもしれせん。

ですが、今までで一番本気で思っているのは確かです。

 

これからどうなるのか。

会社に辞めたい旨を伝えた時には、また更新しようと思います。

ここでしばらく、冷静な感情を取り戻してからもう一度判断して、次の行動に移ろうと思います。

 

では、また次回更新の時にお会いしましょう。

7 Responses to “会社を辞めようかと思います。”

  1. 奥様に信頼されているんですね。
    転職は考えていらっしゃるのか分かりませんが、月10万まで行っていますし、作業量を維持できれば、きっと月100万円も実現可能だと思います。

    私の場合は、月1~4万円の報酬の状態で専業になりましたが、1年半たった今、ようやく確定で50万円くらいになれました。
    最初は報酬額が少なく、貯金を切り崩す生活が続いていたので、精神的に辛かったですが、今はようやく自分のやり方が固まってきた感じで、楽になってきました。

    私には子供が2人いますが、専業になって一緒に遊ぶ時間が増えて幸せです。
    子は宝です。
    子供が小さいうちに専業になって、報酬を増やしつつ、家族の時間が増えれば言う事なしですね!

    • saizou より:

      月1~4万円の報酬で専業になるなんて相当な覚悟ですね。すごいです。
      それで結果も出されているのだから、ホント尊敬します。
      先輩にそう言ってもらえると、とても心強いです。
      ありがとうございます。
      そうですよね!子は宝ですね!
      今しかない時間を無駄にしないようにしたいと思います。

  2. 私の場合は元々サラリーマンではなく自営業者だったので、専業になると言っても、上司に退職します!と宣告する必要はありませんでしたので、それほどの覚悟はなかったんですけどね(^^;
    いずれにしても、自分のことは自分で決断。
    反省はしても後悔はしないこと。
    人生は一度切り。

    返信不要です。

  3. トンビー より:

    専業でアフィリエイターをしている者です。
    記事を読んで、自分が専業になった時の事を思い出し、記事を書いてしまいました。
    http://100manaffiliaterdiary.nerae.info/daily_work/syuunyuugakudake_kiken.html

    才蔵さんのペースなら、
    100万超えは、もうすぐだと思いますよ。

    才蔵さんの成功を、陰ながら応援しています。

    • saizou より:

      ブログに書いて頂き、ありがとうございます!
      早く100万超えられるように、日々黙々とやります!

      また、応援していただいているのも、励みになります。
      がんばります!

  4. key より:

    こんにちは。
    たまたま見たこの記事を拝見したのですが、今の私の状況と被っていて、心に沁みました

    ブラック化、子供と遊んでやりたいけどできない、辞めたいけど家族のことを思うと…、でも子どもとも遊んでもやれない仕事が家族のためか。

    アフィリする時間もなく、ストレス。今ひとつアクセルが踏み切れない。

    本当葛藤の毎日です。

    一番は辞めて本当に家族が養える報酬までたどり着けるかということが一番不安ですね。

    また、刺激を受けさせてください。

    • saizou より:

      keyさん
      安易には辞めることをススメられないですけど、僕は辞めて本当に良かったですね。
      「辞めなければ良かった」って後悔したことは一度もありません。
      そして、このタイミングで辞めてなければ後悔していたと思います。
      ただ、辞めてから報酬がそれなりに上がってきたから良かったというのもあるので、辞めるときは慎重に決断した方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

このページの先頭へ