分類を理解してから購入を検討して下さい

この記事をシェアする

法令の内容を知っておきましょう

ネット販売業者には多くの規則が設けられています。法令の中で特に注目すべき点を確認してからの利用をおすすめします。

一般用医薬品の通販サイト利用する時には、有形店舗があると分かるよう店舗の写真を添付し、登録販売者と常駐薬剤師の氏名を掲載、営業時間外にも連絡を取れる電話番号・メールアドレスの記載、医薬品の写真と使用期限の記載、所轄自治体の許可証の表示が適切に行われているかは必須の確認事項です。

禁止事項では、オークション形式での販売、購入者によるレビュー・クチコミ・推薦の掲載といったものがあります。

また、乱用により健康を害する恐れのある医薬品(咳止めシロップ、風邪薬など)には販売個数に上限を設けていなければなりません。

これらの中のどれが抜けていても、それは違法サイトです。たとえ正規品であっても使用期限切れの商品を販売している可能性がありますので利用しないようにしましょう。

類似効能を広告している会社に注意!

正規品の名前のヒントを上げて、その医薬品よりも有効成分が高いとか効果が大きいなどの広告を出しているサイトは「一般医薬品通販サイト」ではありません。そういう広告の仕方は一般用医薬品においては法令違反です。

ですから大体が薬剤師の常駐が義務付けられていない「健康食品」「医薬部外品」を販売している企業のサイトです。

商品を使用する前に体調、体質、常用薬との組み合わせに問題があるか等の質問を相談できる担当者がいない場合がほとんどですので安易な購入は控えるべきでしょう。

「健康食品」「医薬部外品」に分類されているとはいえ、確かに薬効がある成分を含んでいるため健康被害が起きないとはいえません。

是非その商品を試してみたいと思う場合、一度、薬剤師または主治医に相談してからにしましょう。